水を買う時代、だからウォーターサーバー

昔はペットボトルの水を買うなんて考えられませんでしたが、最近では水やミネラルウォーターがずらりとコンビニやスーパーに並ぶようになりました。さらに、ウォーターサーバーを家に置く人も増えるなど、水に対する意識はずいぶん変わってきたようです。今では「水を買う時代」になったのですね。
現在日本で流通しているミネラルウォーターは約1000銘柄もあるそうです。便通が良くなったり、肌の調子が良くなったり、体に必要なミネラルが補給できたりなど、水の効果は計り知れないものがあります。水はあまりにも身近だったため意識されませんでしたが、私たちの生活や健康に必要不可欠なとても貴重な存在と言えます。
ところで、配管を通って蛇口から出てくる消毒された水道水と、天然の自然が生み出す湧水のどちらが健康に良いと思いますか?毎日となると、当然自然の水を選びますよね。成人が1日に必要な水分は平均で約2.5リットルと言われていますが、食事から約1リットルは摂取できますので、水やお茶などの飲料水で1.5リットルを補います。なので飲み水だけでも最低1人1日1.5リットルは必要ということです。この1.5リットルを毎日ペットボトルで摂取するとなると、買い物がとても大変ですし、水代が家計の大きな負担になります。そこで、家庭の主婦が目を付けたのがウォーターサーバーというわけなのです。

参考にしたホームページ

お役立ちサイト

Copyright© 日本でも水にこだわる時代だからウォーターサーバー All Rights Reserved.